環れいかのブログ☆日本橋人形町La muse

日本橋人形町La museオーナーセラピストの自由なブログ

スペインひとり旅 その6〜美とは

セビーリャの女性は美人が多いと書きましたが美とは何か改めて感じることがありました。

 

f:id:reika_tamaki:20191121013917j:image


美は外見的に非の打ち所がないものと言うと難しいですね、主観が入りますから・・・


顔の黄金率を高めればよいのか?と考えると、その結果皆んな似た顔になるのではないのでしょうか。それは確かに整っているかもしれないですが美しいでしょうか?

 


美はもっと崇高さがあり圧倒されるものだと思うのです。

 


美は自分自身が完璧であるもので、形が完璧であるものが必ずしも美ではないのです。

美は個人で完璧にあるもの。それが人の心を動かし圧倒するのだと思います。

 


例えば、

 


私がセビーリャ滞在中に泊まっているホテルのフロントの女性がちょっと目にかかれない整った容姿の美人。

でも私が圧倒されたのはその女性に強い眼の光や微笑むタイミングの絶妙さ、ピンとした姿勢があくまでもあったからだなと後から思いました。

それらをひとつにひっくるめたものは彼女だけのもの。

 


昨夜はフラメンコを観に行きました。

 


スラリとした長身の若手の女性ダンサー、長髪で妖艶な男性ダンサー、母性的なスタイルで土着的な雰囲気の女性ダンサーの3名が出ました。

それぞれが放つ美がありとっても楽しんで観る事が出来ました。

 

f:id:reika_tamaki:20191121014027j:image


特に土着的な雰囲気の女性ダンサーは踊る身体から崇高なソウルを感じられ体と動き、表情が彼女が出せるもので最高に一致しているんだろうなと思い、それは彼女が登場して早い段階で美を感じ取る事が出来ました。

 

そして激しくタップとともに手で体を打ちつけオーレ!とポーズをとった時に、偶然ですが彼女の髪にさした可憐な花がハラリと床におち、これ以上物語る事がない美で完璧な瞬間を目撃しました。

 

これは彼女だからこその結果、彼女だけの美になったのです。

 


ホテルのミニバーに忍ばせたビールがいらないくらい美に酔った夜でした*・゜゚・*

 

f:id:reika_tamaki:20191121014131j:image


つづく

 

 

スペインひとり旅 その5〜セビーリャ大聖堂 - 環れいかのセラピストブログ



スペインひとり旅 その4〜セビーリャへ - 環れいかのセラピストブログ

 

 

スペインひとり旅 その3〜Gaudi - 環れいかのセラピストブログ



スペインひとり旅 その2〜バルセロナ - 環れいかのセラピストブログ



スペインひとり旅 その1〜旅の動機は - 環れいかのセラピストブログ

 

———————

 

セラピスト 環れいか🐰

 

Twitterにて出勤情報など更新中♪

東京・銀座 Luxuary Men’s Salon

ブルジュアル東京

@tamarei_tokyo